ringo.

| TOP | 羨望デッサン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
魚の唐揚。
 さっきまで あの海を
泳ぎ踊っていた 魚の頭
骨絶ち 刃で血肉を割いた

塩 染み付けた身に
粉うって
いざ 油の海を泳がす

空気と水と高温の海
身の引き締まる想いと
隣、合わせて海が香って
弱肉の美味さを知ろうか

「頂きます。」



さっきまで 大海で
身を守ってた 魚の鱗
あっさり 刃で鎧を削いだ

時が育て上げた身に
誠意持って
いざ 丁寧に施しをなす

蒼さも知らぬ最期の海
焦がされる想いに
熱を、知ったら仕上げの頃
強者礼儀を持って食しては言え

「馳走様。」



17:02 | 詞。 | comments(1) | -
スポンサーサイト
17:02 | - | - | -
コメント
>>弱肉の美味さを知ろうか
ここ、とてもすてき。
2010/03/08 12:16 PM by
コメントする











08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--